若ハゲ予防法【4選】つむじマッサージで改善 髪型 坊主

抜け毛が気にあるあなたは大丈夫?チェック → https://goo.gl/yvFW7N

▼若ハゲ対策おすすめ動画
【実践М字ハゲ】美容師がすすめる薄毛で似合う髪型 М字ハゲ編ヘアデザイナー 河津 典全【カワツ ノリマサ】

最近M字にハゲてきたー!!そんなあなたに教えたいAGA対策ヘア

こんにちは。
ワンライフ別館のゆかりです。

10代、20代で髪の毛が薄くなってきたと感じ始めた時、「自分はまだ大丈夫!」と思ってませんか?

若ハゲは早めに対処することが重要です。

今回は若ハゲの予防法についてご紹介します。

食生活を見直す
食生活が乱れると髪に必要な栄養素が不足してしまいます。

特にたんぱく質、亜鉛、イソフラボンの3つの栄養素は積極的に取り入れましょう。

ジャンクフードが多い人は塩分や脂分で毛根の育つ環境を脂ギトギト状態にするのも同じことともいわれています。

毎日の食事から摂るのが難しければ、サプリメントを利用するなどすることをおすすめします。

頭皮を清潔にする
頭皮が不潔な状態では、頭皮の酸素不足を招きます。

頭皮からも酸素を吸収しているため、酸素が不足すると栄養分が血流により充分に循環しなくなります。

菌の繁殖をおこし、結果的に毛包の感染を引き起こす原因にもなります。

また、シャンプーの仕方が悪いことが、若ハゲの原因となる場合があります。

乱雑なシャンプーによって頭皮の毛穴に落としきれなかった皮脂や汚れが詰ってしまうと、血行不良を招いてしまいます。

シャンプーは丁寧に、きちんと皮脂や汚れを落とすことを意識して行うと、頭皮環境が整い、若ハゲ防止にもなります。

生活習慣の改善
睡眠不足、喫煙、過度な飲酒、運動不足は血行不良の原因になるといわれています。

血行不良になれば、当然、頭皮の血流も悪くなります。

日常的にしっかりとした睡眠と適度な運動を心がけましょう。

また、喫煙は頭皮の血管を収縮させるといわれていますので、タバコを吸う方は本数を減らすか、できれば禁煙しましょう。

ストレスをためない(発散する)
過度なストレスは若ハゲを進行させるといわれています。

ストレスを感じると、体や神経を緊張させる交感神経が、リラックスさせる副交感神経に対して優位になり、末端の血管が収縮するため、頭皮への血流量も下がってしまいます。

頭皮への血流が減ると、髪の成長のための栄養が届かなくなるので、若ハゲが進行してしまいます。

ストレスはためないで発散することが重要です。

また、自分はハゲてるのではないか?っと気にし過ぎることがストレスになってしまうこともあります。

気にし過ぎないようにしましょう。

まとめ
いかがでしたか?

今回は若ハゲの予防法についてご紹介しました。

どれも日常的に注意していれば、改善できる内容ですね。

いずれにせよ、早め早めに対策することが一番の若ハゲの予防ということですね。

できることから、始めてみましょう。